島本町で一番児童数が多い小学校です。

給食室

給食について  

1. 基本的に午後に授業がある日は、給食があります。

○学期の開始と終了の時期に、給食がない日があります。8月中は、基本的に午前中で下校する為、給食はありません。

○遠足、運動会、1日校外学習の日は給食がありません。これらの日はお弁当が必要になります。

○給食のない日は、事前に学校だよりや学年だより等でお知らせします。

2.給食は、一食がまかなえる完全給食です。

○第四小学校内で調理されたものを提供します。

○内容は、「パンまたはご飯」「牛乳」「おかず(副食)」です。毎月、食材と加工品の原材料を記載した献立表を配布します。

○「おかず(副食)」は、煮物・揚げ物・炒め物・蒸し物・汁物等バラエティに富んだ料理を提供しています。季節感のある料理も取り入れるように努め、できるだけ食品添加物を使用しない食材を購入しています。

○毎週月・水・金曜日は米飯です。火・木曜日はパンです。

○牛乳は毎日200ml出ます。

○食物アレルギーのある場合は、必ず事前にお知らせください。

3.給食費は、低学年は1ヶ月あたり、3910円です。

食物アレルギーをお持ちの児童への対応について

 学校給食では、児童の健康管理の一環として、可能な範囲で除去食(アレルギーの原因食品を除く)の対応をいたします。
 適切な対応のためには、「医師の診断・指示」、「学校と家庭の連携」、「家庭での取り組み」等が重要となります。
 つきましては、学校給食での除去食を希望される方は、以下の要領で進めていきたいと考えておりますので、学校へご連絡ください。
 なお、集団給食という制約がある中での実施となりますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

1.食物アレルギー除去食についての基本的な考え方
(1) 卵(鶏卵・うずら卵)または乳(牛乳・乳製品)においては除去食での給食提供が可能です。
(2) 除去食を希望される場合は、医師の診断・指示(年1回以上医師の診察を受けていること)が必要になります。
(3) 次のような場合は実施できませんので、ご了承ください。

・ごく微量のアレルゲン混入であっても、アナフィラキシー等の重篤な症状が予想される場合
(通常食と同じ調理室内で調理しており、食器具も同じものを使用するため)

・加工品自体に除去食対象食品が含まれている場合(例、オムレツ、スティックチーズ、ヨーグルトなど)
※万が一、除去食品が混入した場合は除去食が提供できない場合がありますので、ご了承下さい。

2.除去食対象食品以外のアレルギー対応について
食物アレルギー除去食(鶏卵・うずら卵・牛乳・乳製品)以外の食物アレルギーをお持ちの児童につきましては、対象食品が入ったメニューに変わる代替品を自宅から持ってきて頂くようお願いします。持ってきて頂いた代替品は、教室での自己管理となります。

3.飲用牛乳のみを停止する場合の対応について
食物アレルギーや乳糖不耐症などの理由により牛乳の飲用が困難な場合は飲用牛乳のみ停止することができます。給食費は、飲用牛乳代を引いた額での請求になります。
 
4.書類について
上記1,2,3の対応を希望される方は次の(1)~(3)を学校へ提出してください。
 (1)「学校生活管理指導表」(事前に教育委員会より配布しています。)
 (2)「学校給食対応申請書」
 (3)「個別取組プラン」
 (4)「消防機関への情報提供同意書」(エピペンを処方されている方のみ)  

5.給食費について
 (1) 卵除去食・・・通常食と同額
 (2) 乳除去食・・・飲用牛乳代のみ減額
 (3) 卵・乳除去食・・・飲用牛乳代のみ減額
※調理に使用する卵・牛乳・乳製品代等は減額されません。

6.家庭との連絡方法
 (1) 毎月20日前後に、献立表のコピーを担任を通じて1枚封筒にてお渡しします。
 (2) 献立予定表のアレルゲンとなる食品をわかりやすく赤線で囲んで示し、氏名を記入して担任へ1枚お渡しください。
 ※月末に各家庭に一枚ずつ献立表をお配りしますので、保護者様確認用としてご活用下さい。

7.学校給食と家庭の食事との一貫性をもって実施します。
 (1) 給食での除去食により、成長に必要な栄養素が不足することもありますので、家庭の食事で補ってください。
 (2) 除去食対応のある日は、ご家庭でも登校前に児童へ必ず声かけをお願いします。また、児童自身が自分でも確認できるよう、ご指導下さい。
 

PAGETOP
Copyright © 島本町立第四小学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.