島本町で一番児童数が多い小学校です。

保健室

保健室からのお知らせとお願い

 1.傷病発生時の対応について

~ 体の調子が悪い場合 ~

朝の健康観察のお願い

成人の身体に比べて小学生の身体には、朝食抜きや睡眠不足が、その日の体調に大きな影響を与えます。毎日、“朝の健康観察”で、子どもの「心」と「からだ」の健康状態をしっかりみてください。元気がないときや様子がいつもと違うときは、体の調子を確認し、体温を測ってください。またその際は、担任に連絡帳等でお知らせください 

① 授業を受けることが出来ると判断した場合

体温を測り、問診(朝食の有無・睡眠時間・排便状況など)を行います。授業を受けることができると判断した場合は、担任が教室で経過観察を行います。

② 保健室での休養が必要と判断した場合

一時間程度で回復が予想される場合は、保健室で休養させます。休養後、再度体温を測り、本人の体調も良くなっていれば教室へ戻します。

③ 家庭での休養や病院受診が必要と判断した場合

高熱の場合や保健室で休養しても回復しない場合は、保護者の方に連絡します。早退時は、全学年必ずお迎えに来ていただきます。

  • 学校では、副反応が起こる危険性がある点、受診の際、医師の診断の妨げになる点を踏まえ、内服薬や目薬は与えません。ご理解ください。
  • 家庭から目薬や風邪薬、塗り薬などを持参される場合は、原則、個人保管になります(保健室での保管や使用が必要な場合は、ご連絡ください)。尚、薬をお子様に持たせる場合は、担任に必ずお知らせください。
  • 朝の健康観察で確認していただきたいことは、①朝の目覚め、②顔色、③食欲、④便の有無や状態、⑤機嫌などです。

 ~ けがをした場合 ~

①保健室での手当てと経過観察が必要と判断した場合

・保健室での手当ては、応急処置の範囲です。薬は、市販の消毒薬・絆創膏・湿布・軟膏などを使用します。帰宅後、必ずけがの状態を確認してください。

・家庭での経過観察が必要な場合は、保護者の方に連絡します。

② 医療機関の受診が必要と判断した場合

・応急処置の後、保護者の方に連絡します。原則、学校へお迎えに来ていただき、病院受診をお願いしています。すぐに来ていただけない場合は、養護教諭(不在時は、対応者)が引率し受診します。

・保護者の方に連絡がつかない場合は、家庭連絡簿(保健用)のかかりつけ医を優先的に受診します。診療時間外や無記入の場合は、学校判断で病院受診します。    

● 手当ては、授業日に学校で起こったけがを対象としています。ご家庭でのけがや経過を追っての手当ては、ご家庭でお願いします。

● 病院受診があった場合は、日本スポーツ振興センターの手続きを行います。必要書類は後日お渡しします。なお、書類は月ごとに必要となりますので、災害発生月をこえて受診があった場合は、学校までご連絡ください。

 

2.感染症による出席停止について

下記の病気は、出席停止と定められている主な疾患であり、医師の許可があるまで登校できません(法律で定められた「出席停止」であり、「欠席」扱いにはなりません)。

ただし、疾患によっては病状や流行状況などから、学校医その他の医師が感染のおそれはないと認めたときは「出席停止」にはなりません。

登校の際は、医療機関で「登校許可証」を受け取り、学校にご提出ください。

(町内、高槻市内の医療機関であれば無料で発行していただけます)。

島本町教育委員会「出席停止疾患における登校(園・保育所)許可証の発行基準」より 

 

 

主な出席停止疾患

許可証の発行

第二種

インフルエンザ、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日ばしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

要発行

第三種

腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、コレラ、細菌性赤痢、腸チフス、パラチフス

要発行

その他

溶連菌感染症、ウイルス性肝炎、ヘルパンギーナ、マイコプラズマ感染症

要発行

感染性胃腸炎、伝染性紅斑(りんご病)、手足口病、とびひ

医師の判断

 

 

3.健康診断について

健康診断は、発育や健康状態を把握し、健康な学校生活をおくることができるように実施しています。また、学校で行う健康診断は、病気の診断ではなく、あくまでも集団の中から病気の疑いを選び出すスクリーニングです。

健康診断の結果は「健康カード」でお知らせします。異常またはその疑いが見つかった場合は、できるだけ早く医療機関で診察と治療を行ってください。

 

4.日本スポーツ振興センター「災害給付制度」について

学校管理下で起こったけがにより医療機関で治療を受けた場合には、上記の制度により医療費が給付されますので、担任または養護教諭までご連絡ください。本校では、毎年全員加入していただいています(平成29年度保護者負担額460円)。

【給付される範囲】

・授業中・休憩時間中・校外活動(遠足、修学旅行など)・登下校中

【給付金】

・初診から治癒するまでの診療報酬請求総点数が500点以上の場合は、健康保険適応範囲の4割が給付されます。

・ひとり親家庭医療費助成制度・子ども医療費助成制度に該当する場合、自己負担額+αが給付されます。

【給付期間】

・災害発生日から2年以内に請求するものとし、10年間を期限として給付します。

島本町災害共済給付金制度

 診療報酬請求総点数が500点未満の場合に医療費が給付される制度です。給付額は、健康保険適応範囲の3割が給付されます。

 5.その他

・「心臓病」「腎臓病」「アレルギー」などで現在治療・投与・経過観察されている場合は、「学校生活管理指導表(医療機関記入書類)をご提出ください。

・保健票・家庭連絡簿(保健用)は、健康診断時や緊急時に利用する重要書類です。記入漏れ等ないようによろしくお願いします。なお、かかりつけ医が学校から遠い場合には、近くで受診する場合の医療機関もご記入いただけると助かります。

PAGETOP
Copyright © 島本町立第四小学校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.