6年生は、理科「月と太陽」の学習で、地球からの月と太陽の距離感を体験しました。

地球から月と太陽を見たとき、ほぼ同じ大きさに見えます。
しかし実際は、地球から月までは約38万km、地球から太陽までは約1億5千万kmも離れているんだそうです。
この途方もない距離の位置関係を確かめるための実験です。

太陽を直径1mとしたとき、月の大きさは直径2.5mmで・・・。
地球(自分の目)から月までの距離を30cmとしたとき、太陽はどれほど離れているのか・・・。

運動場では収まりきらず、近くの堤防で実験しました。
「太陽ってめっちゃ遠いなぁ」や「太陽のエネルギーってすごいな!」と、実感を伴って学習することができました。