今日は、1学期の終業式でした。

昨年度の暑さに比べると今年度はずいぶんましでしたが、それでも雨の日だったので、湿度は高かったです。

校長先生のお話のお話のあと、飼育委員の子どもたちから、うさぎのぴょん吉がな亡くなったお話がありました。

子どもたちも、ぴょん吉が、死んでしまったことがとても悲しい様子でした。

この世に生まれた生き物は、100パーセントなくなってしまいます。

子どもたちにとって、悲しいことではありますが、

ぴょん吉との楽しい思い出を思い返してもらえたらいいなぁと思います。