参観DAYS初日の3,4時間目は、5,6年生対象の「防災教室」を体育館で実施しました。

講師は、国際災害レスキューナースの「辻 直美」先生です。

お話はとても面白く、勉強になりました。

最初は、災害にかかわる意識チェック!みんなでクイズ形式で考えました。

また日頃からどんな備えをすればいいのかについて、シーチキンの缶が燃料になって、米を炊くことができたり、災害トイレの作り方だったりと実践的にいろいろな技を教えて頂きました。

写真は、新聞紙で作るスリッパの作り方。すごい!

中でも驚いたのは、昨年度の地震の際に、同じマンションのお家は、いろいろなものが倒れたのに、しっかりと備えをしていた辻先生のお家は、調味料が数本倒れた程度だったことです。

やはり、事前の備え。

子どもたちも多くのことを学ぶことができたと思います。